寝具を変える

スポンサーリンク

寝具を変えて熟睡する

人生の3分の1を眠って過ごしていると言われている私たち。
眠るときの環境に気を使うことで、心地よい睡眠を手に入れることが出来るでしょう。

 

柔らかすぎる寝具は、

身体が沈みこみすぎて寝具と身体の接着面が増え寝苦しい状態になるうえ、腰痛の原因にもなってしまいます。
高すぎる枕や低すぎる枕は、肩こりや首こりの原因となるのです。

 

 

寝具の中でも、枕は快眠を得るための重要なポイントとなります。

 

 

枕の高さや枕の大きさ、固さに注目して枕を選びましょう。
寝返りをうっても枕から頭が落ちないサイズのものでなければなりません。

 

頚椎が自然なカーブを描くように、寝具と頭、首の隙間を埋めるのが枕の役割です。
頭だけを枕に乗せると頚椎のカーブが安定しにくくなってしまいます。

 

何気なく使っている枕にも、快眠を促すものと快眠の妨げとなるものがあります。

 

快眠に適した枕を使うと身体に負担をかけず眠れますが、悪い枕で寝ると
身体に負担がかかり寝ても疲れが取れないという状態になってしまうでしょう。

 

快眠を手に入れるための枕はこちらで紹介しています。

寝具を変える関連ページ

枕を変える
熟睡できないと次の日が辛いと悩まれる方に向けて 快眠を手に入れる方法を紹介しています。