枕を変える

スポンサーリンク

枕に変えることで快眠をゲット!

身体に負担のかからない枕を選ぶことで心地よい睡眠時間を手に入れることが出来るでしょう。

 

男性の場合、後頭部が5〜6cm、首を支える部分が7〜8cm、女性の場合、
後頭部が3〜4cm、首を支える部分が5〜6cmの枕が理想的な高さだと言われています。

 

枕の幅は60cm、奥行きは40cmが必要です。

 

枕を選ぶときに素材が忘れられがちなのですが、気温の変化に強い通気性の良いものを選んでください。
熱を溜め込みすぎる枕では、寝苦しくて快眠を得ることは出来ないでしょう。

 

 

快眠枕の絶対条件は寝返りを打ちやすい形状であるということです。
人は眠っている間に20回〜50回寝返りをうちます。

 

寝返りを打てなければ、ある一部分だけがずっと寝具に接してしまうので、眠ることで体の疲れを癒すことができないのです。

 

枕は消耗品だということも頭に入れておきましょう。

 

支える力が弱くなった枕は、快眠に導いてくれませんよ。
お勧めの枕はこちらでのページで書いています。

 

お勧めの枕の紹介ページはこちらです。

枕を変える関連ページ

寝具を変える
熟睡できないと次の日が辛いと悩まれる方に向けて 快眠を手に入れる方法を紹介しています。