熟睡する方法

スポンサーリンク

もしかしたら睡眠障害?

毎日しっかりと睡眠時間をとっているのに疲れが取れない、眠った気がしない人は多くいるのではないでしょうか?

 

日々の眠りが浅いと、疲れが翌日へ持ち越され体の中にどんどん蓄積されてしまいます。
このような状態が慢性的に続く場合は睡眠障害の可能性があるでしょう。

 

 

睡眠障害が起こる原因の一つに交感神経があります。
交感神経は日中の活動している時間に働くもので、副交感神経は夜寝ている間に働く神経です。

 

眠っている間に、交感神経が働いてしまうと、
睡眠の邪魔をして睡眠障害を引き起こす可能性が起こってしまいます。

 

睡眠障害が起こるのは、ストレスが大きな原因だと言われています。

 

カフェインを夜に摂取することも睡眠障害の引き金となってしまいます。

 

このように、睡眠障害を起こしやすいタイプの人は質の良い睡眠を取ることを心がけなければなりません。

 

疲れが取れないからとダラダラ寝て過ごすのではなく、時間を決めて寝るようにしましょう。
短時間であっても、本当に疲れていたら人間は眠ることができます。
質の良い睡眠をとるために、寝具の見直しを行うのも良いかもしれませんね。

 

最近では、寝具ソムリエや枕ソムリエなる人まで登場しています。

 

それだけ合わない寝具で眠っている人が多いということでしょうか。

もしかしたら睡眠障害?関連ページ

熟睡できない理由を考える
熟睡できないと次の日が辛いと悩まれる方に向けて 快眠を手に入れる方法を紹介しています。