熟睡できない理由を考える

スポンサーリンク

熟睡できない理由を考える

人間が健康を維持するためには、心地よい眠りが絶対不可欠です。
熟睡できていないと、頭や体がスッキリせず疲れが翌日まで持ち越されてしまいます。

 

熟睡できない理由にはどのようなことがあるのでしょうか。
お酒を飲んで寝たときに、レム睡眠という浅い眠りの状態となってしまうことが多いようです。

 

また、年齢を重ねることで熟睡しづらくなってしまうといわれます。

 

不規則な生活も熟睡の妨げとなりますし、
運動不足やカフェインの摂り過ぎ、たばこの吸いすぎも熟睡の妨げになると言われます。

 

これらのこと一つ一つに気をつけていれば少しずつ健やかな眠りが出来るようになるかもしれませんが・・・。
寝具、体に合っていますか?

 

 

体に合っていない寝具は、熟睡の妨げの大きな理由となります。
上記の原因を解消したのに、熟睡が得られないという人は寝具に問題があるのでしょう。

 

中でも、間違った枕の高さや形を選んでしまっていると首や腰に大きな負担を与える原因となってしまいます。

 

 

  • 規則正しく日々の生活を送れているか?
  • 適度な運動を行っているか?
  • 自分の体に合った寝具で寝ているか?

 

この3つに気をつけるだけでも、心地よい睡眠を手に入れることが出来るようになるでしょう。

熟睡できない理由を考える関連ページ

もしかしたら睡眠障害?
熟睡できないと次の日が辛いと悩まれる方に向けて 快眠を手に入れる方法を紹介しています。